www.apapcreations.com

秋が深まり、暑さがおさまるといつの間にか乾燥の季節に突入しています。北海道は特にそうです。北海道は秋の期間がとても短く、夏が終わると木々が色づき、あっという間に朝晩はマイナスの気温となり、そうなると暖房をつけ始めるのです。 暖房をつけると、わたしのような乾燥肌は敏感にカサカサへと変化し、肌荒れの季節が到来するのです。 まず感想を感じるのは、かかとです。かかとは乾燥する部分でも一番カサカサになるので、日中家の中にいても保湿クリームをかなりたっぷりつけて、保温用のくつしたを履いて過ごします。これをしないとすぐにかかとが割れてしまいます。 かかとの次にくちびるの皮がむけ始めます。剥けているところははがしたい気持ちを抑えて、リップを付けてラップを唇に貼るようにしています。 もちろん手もガッサガサになります。水仕事をしている主婦ならだれでもそうだと思いますが、洗い物をすればガサガサになり、洗濯物を干そうと思えばまたガサガサになります。ひどいときは皮膚科で出してもらえるお薬が一番効きますね。 肌荒れの季節をどう乗り切ろうか毎年の課題です。

MENU

  • 忘年会シーズンの居酒屋は忙しいです
  • 宅配が来る日は緊張します
  • 自律訓練法で体も心もぽっかぽか
  • 降圧剤服用での食事の制限
  • 親子で読める漫画
  • 私の好きな紅茶の飲み方
  • 毛穴の汚れを取る方法について
  • 占ってもらったら人生が変りそう
  • 夕飯の残り物で簡単弁当
  • 猫の愛くるしさは他の追随を許さない
  • 妊娠・授乳期の女性の偏頭痛について
  • ホームヘルパーに洗濯を頼む際に
  • 美味しいお鍋でアンチエイジング
  • 肌荒れの季節がきたときの対処法
  • 日本人の苦手な英語の発音
  • 細いよりもまっすぐが美しい足の条件
  • 便利すぎるネット通販
  • 女性を乗せるのに軽じゃダメ?
  • 毛穴の悩みは保湿で対策
  • 生命保険の契約をした直後でも給付金は受け取れる?