www.apapcreations.com

女性に起こる偏頭痛は、多くの場合では妊娠しているときには起こりにくくなります。妊娠中には偏頭痛の原因の一つである女性ホルモンの変動が少なくなるためです。しかし、まれに妊娠の半ばまで偏頭痛発作に見舞われる女性もいます。赤ちゃんの身体に必要なほとんどの器官は、妊娠初期の12週までにほぼ完成します。そのため、妊娠12週を過ぎるまで原則として片頭痛治療は行わず、薬剤の服用は中止します。この無治療の期間中に激しい偏頭痛発作が起きた場合には、頓服薬として比較的安全性が高いアセトアミノフェンが使用されることがあります。 また、授乳中にトリプタン製剤を服用すると、わずかではあるものの、その成分が母乳に移行することが報告されています。そのため、トリプタン製剤を服用している人は母乳を控える方がよいとされています。母乳での育児を強く希望する患者さんでは服用してから24時間は授乳せず、いったん排乳した上で授乳することでほぼ影響は避けられると考えられています。

MENU

  • 忘年会シーズンの居酒屋は忙しいです
  • 宅配が来る日は緊張します
  • 自律訓練法で体も心もぽっかぽか
  • 降圧剤服用での食事の制限
  • 親子で読める漫画
  • 私の好きな紅茶の飲み方
  • 毛穴の汚れを取る方法について
  • 占ってもらったら人生が変りそう
  • 夕飯の残り物で簡単弁当
  • 猫の愛くるしさは他の追随を許さない
  • 妊娠・授乳期の女性の偏頭痛について
  • ホームヘルパーに洗濯を頼む際に
  • 美味しいお鍋でアンチエイジング
  • 肌荒れの季節がきたときの対処法
  • 日本人の苦手な英語の発音
  • 細いよりもまっすぐが美しい足の条件
  • 便利すぎるネット通販
  • 女性を乗せるのに軽じゃダメ?
  • 毛穴の悩みは保湿で対策
  • 生命保険の契約をした直後でも給付金は受け取れる?